アエランブラー フロント回りをアップグレード! 冬だからこそ!アップグレードシーズン!

内圧コントロールバルブ(Triumph StreetTwin)

商品コード
AE-62056
価格
¥24,800
税込価格
¥26,784
数量
欲しいものリストに追加

商品説明

内圧コントロールバルブ(トライアンフ ストリートツイン用)

 

ギクシャク感を軽減し、滑らかな走りを実現します。

走行時、クランクケース内はピストンの高速往復運動によって加圧状態となります。この過剰な圧力がピストン運動の大きな抵抗となり、様々な弊害を引き起こします。内圧コントロールバルブは、装着することによりクランクケース内圧を適正に保ち、エンジンの振動の減少や、強すぎるエンジンブレーキを軽減しコーナーの進入がラクになるほか、低回転時のアクセルオンオフによるギクシャク感を滑らかに改善したり、エンジンをチューニングしたかのようなトルクの向上を体感していただけるなど、様々なメリットが得られます。

ブリーザーホースも標準で付属しているので、純正部分と取り換えるだけで取付できる簡単設計。

 

エンジンオイル交換毎のクリーニング清掃をお薦めします。

クランクケースからのオイルミストが内圧バルブを通過する際に極僅ですがミストが付着します。
過度に付着するとバルブの動きを阻害し、最悪の場合バルブの固着の原因となります。本品内部をパーツクリーナーなどで清掃いただくだけで元の状態に復活しますので、オイル交換毎もしくは6,000kmごとの清掃をおすすめいたします。

 

 


トライアンフ ストリートツイン スペシャルサイト

0発進時の極々低速での頼りなさの改善。

評価:
ストリートツインに乗る前は、ストリートトリプル675(丸目二灯)に乗っており、その時から、御社の内圧コントロールバルブを使用しておりました。
ご存知の方も多いと思いますが、初期型のストリートトリプルは、結構なじゃじゃ馬で、取扱いに苦労しましたが、御社の商品を導入した事によって、キャラが変わったこと....印象深く思い出されます。

さて、ストリートツイン。
燃費もいいし、大きさも手ごろで、トルクは充分にあるし....大きな要望を挙げるのが難しいのが実情です。強いて一点。交差点の青信号等で、アクセルを開け始めた一瞬。パワーがついて来ない(弱い)症状があります。
アクセル操作が、電気的な「バイワイヤ」だから?と、目をツブる所と諦めておりました。

さて、取り付け。
キャニスターを取り付けていたネジですが、てっきり「六角」だと思ったら、「トルクス」。ちょっと汗りました。

そして、エンジン始動。
御社製品の発する微小な「カタカタ」音....ほとんど気にならないですね。
「ブンブン」と空ぶかししてもわかる・・・針の動くスピードが違う....(嘘。タコメーターついていません。)
暖気も済んだようなので、試乗に出かけることとしましょう。

驚きました。
エンジンの鼓動感はそのままに、パルスの一発一発の角が丸くなった(上品)になったカンジ。WEBの謳い文句は、事実、その通りでした。
課題点の、0発進でのアクセルのツキの改善ですが、「普通」に改善されていました。過度なエンジンブレーキが抑えられる様になったのも、好印象。
自動車専用道でも元気よく走る事ができましたし、
なぜ、こんなパーツ一つで....こうも変わるのか?と不思議です。

唯一残念な点は、この内圧コントロールバルブの施工箇所が、サイドカバーの陰に隠れて、
認知しずらい(見せびらかしにくい)...って所でしょうか?
2019.01.07 12:56H・F様